第三幸翔丸ドック

ご安全に!雄和海運 浦山です。

9月7日第三幸翔丸が中間検査のため向島ドックへ入渠しました。

IMG_3753IMG_3747DSC00847

天候は曇り。予報によると明日までは何とか大丈夫みたいですが、台風の影響によりどうなることやら・・・・

 

9月8日天候曇り。何とか天候も大丈夫そうです。明日以降の天気が悪いため、急きょペンキも総仕上げにかかります。

本当はインターバルの時間がほしかったんですが天気には勝てません。

IMG_1137IMG_1120IMG_1132

そして本日はオペレーターによる安全会議も実施されました。本船だけでなくドックに入った船すべてに対して安全指導を行われています。

そして今回もハブネスインダストリーによるB-SAFEPULUS(窓磨き)お願いしました。

IMG_1134DSC00883

施工後の視界は良好です。

 

9月9日天候雨。台風の影響はほとんどありませんがやっぱり雨が降りました。昨日のうちにペンキを塗ってて正解です。

本日は所用により伯方島へ移動。

IMG_3751IMG_3752

船の上からは何度か見ましたが陸上から見る風景はまた違います。

そして帰って本船乗組員との懇親会。現在尾道海技学院で講習中の社員も呼んで総勢9名となりました。

DSC00860

9月10日天候晴れ。ようやく晴れ間が見えました。

工程も順調に進んでいます。予想以上にエンジン、ポンプの不具合がありましたが何とかクリアできそうです。

DSC00878DSC00876DSC00866

船籍も書き換えてようやく弊社の社船になったことを実感します。

本日は実習生を受け入れ教育するための指導員講習も予定されています。ドック中の忙しい時間ではありますが船員育成のためには欠かせない講習です。このように乗組員に協力してもらい船員育成ができることに感謝。

明日もう一日残っていますが、所用により乗組員、従業員に残りを任せ帰社します。

あと一日よろしくお願いします。

ご安全に!

BRM訓練講習

ご安全に!雄和海運 浦山です。

9月3日 広島海技学院にてBRM訓練講習を受講しました。

CA3I0200

この訓練は船舶の安全で効率的な運航を達成するために、ブリッジで利用できるあらゆる資源を有効に活用することで、ヒューマンエラーの防止を目的とした訓練です。

 

8:30~15:30の講習で座学では航法や法規を学んだあとに、シュミレーターでの模擬航海。

DSC00814DSC00817

まずは明石海峡航路西航。しばらくすると霧が出てアッという間に狭視界に。

先ほどの座学で習ったこと(霧中信号、安全な速力、見張り、適切な避航動作)を実行しながら航行します。

DSC00825DSC00824

通常ではありえないところから船がでて来たり、漁船が急に動きだしたりと様々なことが起こります。これらのことに対応しながら無事通過し修了。

その後講評を受け、午後の講習へ。

 

午後は来島海峡中水道(東航)

DSC00836

こちらも航路を横切る船が多数、漁船が多数、エンジントラブルと様々なことが起こります。

レーダー、VHF等を利用しながら避航、トラブル対処しないといけません。実際の航海でこのようなことが起こるときっとパニックになるに違いありませんが、こうした模擬航海で一度体験しておくと対処の方法がわかるのではないでしょうか?

事故することなく無事通過した後は自分の航跡を見ながら講評を受け終了です。

 

訓練を受講し思ったことは如何に自分が自己流で航海をしてきたかということ。もちろん航法に沿った航行をするのですが、他船を避航する際の判断は自分で行うもので人それぞれです。3マイルで危険を感じる人もいれば、0.2マイルでも危険を感じない人もいます。こうした訓練の中で自分の操船を客観的に見て、見直すことも必要だと感じました。

機会があればすべての乗組員に受講させたいですね。

 

ご安全に!

 

 

ヤンマー尼崎工場見学

ご安全に!雄和海運 浦山です。

9月2日 兵庫県尼崎市にありますヤンマーの工場見学へ行ってきました。

今回の企画はYOC(ヤングオーナーズクラブ)が企画したもので13名の若手内航海運事業者が参加しました。

220px-Yanmar_Amagasaki_FactoryIMG_3736

工場見学をした後は意見交換を行ったのですが1番興味を惹かれたのがTTスクール!

20150906154418.pdf_page_1

船のオーナーや造船所の技術者等を対象にエンジンメンテナンスやテクノロジー等について研修を行うスクールです!

IMG_3732IMG_3733 IMG_3734IMG_3735

見学に行くとNKの若手技術者の方たちが研修中でした。

 

内航の小型船向きのエンジンではありませんでしたが、今後は内航向けに小型エンジン(補機)用のスクールも開設するということです。

 

実際にエンジンを解放し、整備して組み立てる。エンジニアとしては当たり前のことだと思いますが、現在の内航では時間も人数も無いためなかなか行う機会がありません。ぜひこのようなスクールを活用し、若いエンジニアに技術を身に着けてほしいですね。

 

そのうち私も研修したいと思います。

 

ご安全に!

 

 

潮流調査についてのお知らせ

ご安全に!雄和海運です。

中ノ瀬西方第二号投票付近における潮流調査の情報が入りましたのでお知らせします。

付近を航行される船舶は十分注意して航行ください。

潮流調査についてのお知らせ.pdf_page_1

備讃瀬戸北航路浚渫工事のお知らせ

ご安全に!

備讃瀬戸北航路浚渫工事の情報が入りましたのでお知らせします。

付近を航行する船舶につきましては十分に注意して航行してください。

備讃瀬戸の浚渫工事(H27.8.20~9.25).pdf_page_2

関門航路潜水探査及び浚渫工事のお知らせ

ご安全に!雄和海運です。

関門航路における潜水探査及び浚渫工事の情報が入りましたのでお知らせします。

付近を航行する船舶は十分気を付けて航行ください。

関門航路「南東水道地区」潜水探査及び浚渫工事のお知らせ.pdf_page_1

ご安全に!

海フェスタくまもと開催(7月18日~8月2日)

ご安全に!雄和海運 浦山です。

海フェスタくまもとが開催いたしました。

前もってからの準備、設営準備等多くの方の協力の元、何とか本番を迎えることとなりました。

20150702083611.pdf_page_2

初日は熊本県海運組合のスタッフが10名ほどスタンバイ。また遠方より大分海運組合 木許様、大阪海運組合 専務理事様も応援に駆け付けていただき準備万端です。

DSC00674DSC00675DSC00665DSC00670DSC00676DSC00669

当初準備していた制服も九州運輸局協力の元数が増え一安心です。

DSC00671DSC00672DSC00678

やはり缶バッジは大人気です。制作するスタッフも休む間もなく次々と仕上げていきます。

DSC00680

そして子供たちはペーパークラフトにも興味津々。準備していたクラフトがこの3日間であっという間に残りわずかとなってしまいました。

IMG_3564

地元FMのインタビューを受けさらに来場者数が増えたような気が・・・。

まだまだイベントは続きます。缶バッジ作成は土日をメインとしていますが、資料展示、クラフト、DVD、内航海運資料配布は常時行っています。

また熊本県海運組合、海上保安部、海上自衛隊とのコラボ缶バッジ(保安部、自衛隊の制服着用、背景使用)もただいま行っています。

興味ある方は会場まで足をお運びください。

 

 

熊本県立天草拓心高等学校 海事産業人材育成講座

ご安全に!雄和海運 浦山です。

7月14日 九州運輸局主催の「海事産業人材育成講座」に参加しました。

熊本県内唯一の水産高校 天草拓心高等学校海洋コース(旧 苓洋高等学校)の生徒46名を対象に内航海運の役割と船員の仕事についての出前講座です。

DSC00657IMG_0269

今年の入試倍率は1.6倍!これまで定員割れしていた学校だったんですが入学希望者が急増。海事産業への注目がうかがえます。

DSC00658DSC00660

熊本船主所有の船を中心に作成した動画、写真をもとに内航海運の話や船種による作業の違い、私たちが求める人材について話をしました。

IMG_0284IMG_0282

伝えたいことがたくさんありすぎて持ち時間内に話終えれなかったのが悔やまれます。

ここ数年新卒者の採用をして感じることが多々あります。先生を交えて意見交換をするとなんとなくその原因もわかったような気がします。

我々事業者もこれまでは「船員になりませんか?」のPRのみでしたが、これからは「こんな人材を求めています」という発信をしていくのも必要なのかもしれません。

IMG_0287

私の発表の後は本校の卒業生で現在Aシップに所属しているM君に先輩からの体験談を発表してもらいました。船の仕事や船内での人間関係、楽しみや辛いこと、在校生にとっては非常に良い話だったのではないでしょうか?

IMG_0297

今回参加してくれた生徒が卒業して立派な船乗りとして活躍してくれることを期待します。

 

 

船舶津波避難マニュアル様式のお知らせ

ご安全に!

国土交通省から津波避難マニュアル(簡易版)が策定の情報がありましたのでお知らせします。

各船舶ごとの実情に合わせたマニュアル作成が望ましいとのことです。

万一に備えぜひご活用ください。

船舶津波避難マニュアル様式(簡易版).pdf_page_1 船舶津波避難マニュアル様式(簡易版).pdf_page_2 船舶津波避難マニュアル様式(簡易版).pdf_page_3 船舶津波避難マニュアル様式(簡易版).pdf_page_4 船舶津波避難マニュアル様式(簡易版).pdf_page_5 船舶津波避難マニュアル様式(簡易版).pdf_page_6

詳細は下記の国土交通省ホームページをご参照ください。

http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_mn6_000003.html

ご安全に!

 

 

明石海峡大橋における深浅測量作業のお知らせ

ご安全に!

明石海峡航路付近における測量作業の情報をお知らせします。

航路外ではありますが付近を航行する予定のある船舶は十分注意して航行ください。

明石海峡大橋における深浅測量作業.pdf_page_1

ご安全に!