改正海上交通安全法【重要】

ご安全に!雄和海運です。

令和3年7月1日より改正海上交通安全法が施行されます。

特に内航小型船に対して重要な変更点は異常気象時における三大湾等における湾外避難勧告・命令制度等の創設です。

三大湾とは東京湾、伊勢湾、瀬戸内海(大阪湾含む)。また高リスク船等の分類で積荷積載率が10パーセント以下の船(バラスト含まず)も含むとあり、それが全船舶対象なので内航船でも空船の場合は対象船となります。

今回東京湾(第三管区海上保安部)の詳細資料も添付していますのでご確認ください。

東京湾への台風避難について第三管区からのコメントは、第三管区としては、退避を命令したり入湾を拒否したりするものではなく、風速40m級の台風の際に、勧告(当事者に、こういう処置をしたほうが良いと(多少とも)公的なしかたで告げ(説い)て勧めること)する事で東京湾内でのリスクを減らすとのことです。(知人情報)

その他管区内の情報は今のところ有りませんが、三大湾に避難される際には情報収集含め十分注意して錨泊ください。あくまでも勧告(従わない場合には命令もあり得る)ですので、自船の安全を最優先して判断いただければと思います。

それにしても小型船はこれらの湾内に避難できなかったら、どこに避難するのでしょう??別の海域で走錨事故のリスクが増えないことを祈ります。

ご安全に!

改正海上交通安全法_2 海上交通安全法等改正に係る周知リーフレット _日本語版_2海上交通安全法等改正に係る周知リーフレット _日本語版_3【東京湾】改正海上交通安全法_1【東京湾】改正海上交通安全法_2

熱中症対策 空調服の配布

ご安全に!雄和海運です。

ようやく梅雨も明け天気の良い日が続くと思えば、うだるような暑さにへきへきする毎日が続いています。

この度弊社では乗組員の熱中症対策の一環として全船に空調服を配布することといたしました。

9BD13734-E188-4742-A7EA-C3CA9C4A763FS__23928846S__23928848

近年船における働き方改革が叫ばれる中、実際に船内作業を経験し何を改革するべきなのか?本当にわかって発言する人はどれくらいいるのだろうっと思うことが良くあります。そういう私も最近久しぶりに乗船し乗組員と作業を行い、改めて船の仕事の良さと大変さを確認することができました。

改革すべきことはたくさんあります。私たちの努力だけではどうにもならないことがほとんどですが、口先だけでなく先ずはできることから少しづつ進めていきたいと思います。

ご安全に!

熱中症1_1熱中症2_1熱中症3_1

内航ミライ研究会  意見交換会 内航ミライ2021

ご安全に!雄和海運です。

7月15日 内航船の日 内航ミライ研究会 意見交換会 内航ミライ2021が開催され、本会の会員として参加しました。

B6B5F09E-4C4B-48BC-B92E-921A722EF92ES__23937066S__23937068

本会は内航船の運航に関する労働環境改善、簡素化、合理化等ににつながる技術開発、情報共有、情報発信など内航の「ミライ」を研究することを目的に昨年の10月1日に設立され、この一年間様々な活動を行い、この意見交換の場において発表させていただきました。

また四国運輸局局長 吉元様にもご講演いただき、この会の強みとして「課題解決型の研究」「小さく生んで大きく育てるアプローチ」など改めて私たちの事業について再確認することができました。

DSC_0039DSC_0016DSC_0037

そのほかにもJRTT 中根様からのプレゼンや様々な事業者との意見交換をさせていただき有意義な時間を過ごすことができました。

引き続き内航ミライ研究会は、内航の「ミライ」に挑み続けます!!

走錨リスク判定システム「錨ing イカリング」

ご安全に!雄和海運です。

この度国土交通省より船舶の走錨事故削減に向けたスマホ/PC用システム「走錨リスク判定システム(愛称:錨ing イカリング)」が無料公開されました。

本システムは船員が自船の情報や錨泊検討地点の情報、気象・海象等データを入力することにより、走錨するリスクを判定し、リスクに応じた走錨事故防止対策の実施を支援するものです。

一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_5一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_6

以前内航ミライ研究会でもこれらのシステムについて意見交換させていただきました。

荒天時に避難する際、船長は様々な状況を加味し避難場所を選定します。その中で本システムを使用することにより走錨リスクが軽減されれば、船長の心労もかなり軽減されるのではないでしょうか?

今後様々なこと・ものがIT化されることにより、乗組員の労務・精神的負担が軽減され、より安全で効率的な海上輸送が実現してくれるミライを期待します。

一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_7一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_8一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_9一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_10一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_11一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_12一式【210701事務連絡】走錨リスク判定システム(愛称:錨ing(イカリング))の周知につ�いて (地方運輸局等宛て)_14

天草地域合同企業説明会

ご安全に!雄和海運です。

久々の投稿となります。

コロナワクチン接種の影響もあり、しばらく船上生活を満喫しました。久しぶりの乗船でしたが、改めて船員の仕事について考える時間がもて、今後の働き方改革に生かせればと思います。

さて7月1日 天草地域合同企業説明会が熊本県立天草工業高等学校にて開催されました。私も上天草市海運業次世代人材育成推進協議会として参加いたしました。

76DD7E94-A55E-467C-B441-C6BB34A18F1822D3B4FC-AA68-48A8-90BE-79FA15943C29

当日は天草地域の高校から340人ほど参加。学生対象としてはこれまでにない参加人数です。

私たちも内航海運業や船員の仕事について説明しました。

09F68961-1083-4E70-A1B9-3FA44297DA1C20F2D840-3C93-4A14-B817-B40607BE1BF9BAD0F59B-8521-40D7-8555-090891833D92

15分×12回戦!という短い時間と回数の中で50人以上の生徒が訪問してくれました。なかなか詳しい説明まではできませんでしたが、それでも数名の生徒からは船員なりたいという声も聞けてうれしい限りでした。また以前体験乗船に参加してくれた生徒たちも教室を訪れてくれて、これまでの活動がだんだんと繋がっていってることが実感できた企業説明会でした。

来年何名の生徒が船乗りを目指してくれるか楽しみです!

雄翔丸 就航!

ご安全に!雄和海運です。
この度弊社関連会社 天草シッピングの新造船が船団に加わりました。

792477D2-962B-4355-BFB1-76D4CEBEC90A9E1F9E9C-0F1D-423E-9205-AE9F3F308A07

5月19日 徳島県鳴門市の村上造船所にて命名式を済ませ、20日就航いたしました。

72151BA4-0A2F-42F5-8AF2-EB99BD730AEF40151A31-795A-4F81-8553-241479E67B57_0EACB98C8-2615-4CBE-85A8-825A4DEC9875398DCC75-E0A3-490F-926C-3F644457EDE6C5565C84-C951-42BE-927B-B35F70568A2E84814FE1-4D2A-4982-9140-21B48C3851803CB54FC3-CCAE-42A6-B4E5-C5990E778DED

初めての新造船ということもあり戸惑うことも多かったのですが、何とか思うような船に仕上がったと思います。これから弊社船団と共に日本全国を航行しますので近くに行くようであればお立ち寄りください。

 

建造までたくさんの方たちのお力添えや支援をいただき、これほどまでに出会いや縁に感謝したことはありません。

今後とも変わらずのお付き合いをいただければ幸甚です。

関門航路浚渫工事のお知らせ

ご安全に!雄和海運です。

関門航路における浚渫工事の情報が入りましたのでお知らせします。

付近を航行する船舶は十分にご注意ください。

関門航路浚渫工事のお知らせ【第1報】 [大瀬戸~早鞆瀬戸地区(西海岸沖)]_2

さよなら幸翔丸!

ご安全に!雄和海運です。
4月19日弊社関連会社所有「幸翔丸」の引き渡しが行われました。

F5C8FAE5-C6E5-4523-9BEF-D7A75A5F92D8316DE2A5-A173-41CC-B0FC-8C52D58600C0

新造船から管理させていただいて、購入後は自社船として活躍してくれました。

これまで船舶管理に特化した事業形態からオーナー業へ事業展開の切っ掛けとなった船で、様々なことを学ばせてもらい私自身ステップアップすることができたことに感謝。

名残惜しいですが今後も国内で活躍してくれるということで、またどこかの港で会える日を楽しみにしています。

本船のこれからのご安航をお祈りします。

九州海技学院 第13回6級海技士(機関)第一種養成講習 開講式

ご安全に!雄和海運です。
4月5日 九州海技学院にて第13回6級海技士(機関)第一種養成講習の開講式が行われました。

今回の受講生は18名。

最近はテレビやラジオCMなど様々なメディアで内航海運や船員の仕事について紹介されているおかげか、受講生の人数も年々増えつつあります。

83B7F72E-4DEB-4059-8B22-B60E4608F6E0DA72F72C-0D97-413C-8010-3540EBFC0E64

毎年内航海運に入ってくる新規船員は1000名程度。増えているように感じますが、高齢化はどんどん進み近い将来多くの退職が予想されます。今良ければそれでいいではなく、継続して育成を行うことが今後の内航海運の持続につながることを信じてこれからも活動していきたいと思います。

IMG_9193

体験乗船「とばせ」三角港

ご安全に!雄和海運です。
3月27日 有限会社天翔汽船が建造されました「とばせ」が三角港に入港しました。

今回も上天草市海運業次世代人材育成推進協議会主催の元、三角小、中学生を対象とした体験航海を実施。

19D7EA43-643D-414D-9E0B-668BD0A4F7C4

当日は天気も良く絶好の乗船日和!

子供たちもクルージング気分で乗船です。

17691CD9-6D97-44DC-B2CD-680B90BE9C53

港を離れ、八代海に抜けると平原船長の号令に従い舵を取ります。

82EC576E-B06E-4F7F-8E4B-31A61D55A52F

 

次に船内の見学。

船長室やサロン、風呂場等を見て回り、機関室に向かいます。

A73368F7-8ABB-47DE-9AEA-26775098E80528D1CF7D-D320-4085-9ABB-41B83F3F068A

エンジンの大きさに驚きながらも、興味津々にいろいろ質問してくれました。

最後に船首に向かい入港作業のロープ準備を体験。重たいロープを皆で引っ張り準備します。

74C95285-B1ED-4AF2-8C89-1790259A72E4

 

子供たちの感想で、船乗りの仕事を初めて知って将来船乗りになってもいいかなと言ってくれたのを聞くと、本当にやって良かったとうれしく思います。

少しずつですが内航海運、船員の仕事についての認識が広がっていく手ごたえを感じることが増えているので、今後もこれらの活動を継続しもっともっとこの仕事の魅力について知ってもらえるよう頑張ります。

ご協力いただきました有限会社天翔汽船、有限会社天城汽船、とばせ乗組員の皆さんに感謝いたしますとともに「とばせ」の御安航をお祈りいたします。

F70029CD-4E27-4424-81C6-407BBEE1E2BF

そして翌日は餅まきが行われました。残念ながら私は参加できなかったのですが、大量の餅がまかれたそうです。

F9115C0F-ED2F-4793-80D6-DD725A6AD253CFE490D5-3D98-4C2E-BCEB-F485F7B2111A75D54E9E-A36C-4789-AB0A-0192CFADE7D3

 

そして後日談となりますが、これらの内容がRKK ゲツキンで放映されました。

映像については著作権の関係で流せませんが、続編としてある青年が船舶免状を取得するまで(過程?)のドキュメンタリーも後日放送される予定です。

お楽しみに!

478A6683-0CB9-4737-9040-9B135336C630