第三八千代丸 体験乗船

ご安全に!雄和海運です。

11月26日 上天草市海運業次世代人材育成推進協議会の主催で熊本県立拓心高等学校 海洋科学科 海洋航海コースの1年生、2年生を体験乗船に招待しました。

今回体験乗船にご協力いただきましたのは天草市の海運事業者 五和海運有限会社。佐世保市の前畑造船所で建造された第三八千代丸(ケミカル)、ピカピカの新造船です。
今回は協議会にて作成したおそろいのジャンパーと救命胴衣も着用。

第三八千代丸乗船実習@富岡港_201127_11S__22208519S__22208520

先ずは2年生から乗船。出港作業、居住区、機関室、荷役装置、タンクの見学や説明、操船体験を行いました。見学では各作業、船内生活についての説明や操船体験では船長の指示に従い大きく舵を切りました。

第三八千代丸乗船実習@富岡港_201127_67第三八千代丸乗船実習@富岡港_201127_54第三八千代丸乗船実習@富岡港_201127_60第三八千代丸乗船実習@富岡港_201127_71S__22208516S__22208518

 

2年生が下船すると続いて1年生が乗船。同様の見学、体験を行いました。

乗船した1,2年生の8割近くは内航海運への就職を希望。また今年の1年生からは4級海技士の筆記免除が与えられる教育課程に変更され、今後ますます拓心高校卒業生の需要が高まることが期待されます。

また今回はケミカル船ということもあり、貨物(ケミカル)についての説明もしっかり実施。何かと誤解の多い船種ですが、きちんとした知識をこういった場を利用し伝えることは非常に重要なことのように思います。

この度船舶を提供いただきました五和海運有限会社 山下社長はじめ第三八千代丸の乗組員の皆様、ご協力ありがとうございました。

第三八千代丸の今後のご活躍とご安航を祈念いたします。