久木山汽船 豊泉丸 進水式

ご安全に!雄和海運 浦山です。

6月19日、20日 久木山汽船 新造船「豊泉丸」の前夜祭並びに進水式に招待いただきました。

地元天草ではここの所新造船の建造が続いており、今回は久木山汽船が太陽造船(第356番船)にて建造されました。

前日の前夜祭では夜遅くまで宴会が続き、翌朝早くからの進水式では半酔い状態です。

IMG_4717IMG_4718IMG_4719

常務取締役(久木山家長男)の命名式により「豊泉丸」と命名され、いよいよ進水準備です。

IMG_4722(進水の状況は動画にて確認ください)

何度見ても進水の瞬間は感動します。

無事進水が済み岸壁に係留されました。

IMG_4723IMG_4724

その後船内探索。

IMG_4738IMG_4727IMG_4728IMG_4729IMG_4749IMG_4732IMG_4750IMG_4751 太陽造船356番船 久木山汽船.pdf_page_1

さすが小型船の建造に定評のある太陽造船、そして船主である久木山汽船の思いの詰まった素晴らしい船に仕上がっていました。

 

そして今回一番興味を魅かれたのがアラウンドビューモニター!

IMG_4725

マストトップからの映像で360度の視野を映し出すことができ、何よりも驚いたのは録画した映像をクルクル回しながら、いろいろな角度、距離で検証することができるということ!!

取り付けを行ったAIS LIVE JAPANからは「ライブカメラは4年前の技術からすごく進歩している」「実際に事故があった際、様々な角度から検証ができトラブル回避できた」等の話を聞くことができました。当時私たちがライブカメラの登場に感動し、そして今技術の進歩に感動させられた一日でした。

(内航.com提供)

そして祝賀会では・・・

IMG_4741IMG_4747

久木山一家勢ぞろいで大盛況うちに終了しました。家族の絆が感じられる温かい祝賀会でした。

この度の進水誠におめでとうございました。

豊泉丸のこれからのご安航をお祈りいたします。